私でも出来たバイナリーオプション講座

今人気のバイナリーオプションとは

バイナリーオプションは現在インターネットを中心として高い人気を持つようになった資産運用方法の一種です。
資産運用では基本的に特定の商品や証券に対して資金を投入して、その商品や証券の値段変動を利用して利益を出すことになります。
株券を安い時に買って高い時に売れば、その差額だけ利益が出ることになるでしょう。
その他の資産運用も基本は同じで、商品の価値が高くなるか、もしくは運用において利息を得ることで利益を出します。
しかしバイナリーオプションが人気を持つようになった理由は、これらとは異なる形で利益を出していけるところです。
ではバイナリーオプションはどのようにして利益を出すのかと言うと、これは一種のギャンブルのような形になります。
投資家は投資を集める側、今回はバイナリーオプションの運営業者が提案する「特定の為替が今後どのように動くか賭けてほしい」というニーズに応える形で資金を供与します。
ここでは仮に「今1ドル100円だが、これから10分後にドルは高くなっているか安くなっているか予想してほしい」とされた場合、今後高くなると思ったのであればハイに資金を投入し、安くなると思ったのであればローに資金を投入するのです。
これでもし予想が的中していれば払い出し金が支払われ、予想が外れたのであれば払い出し金は得られずに自分が投資したお金は全てバイナリーオプション業者に持っていかれるという形になります。
要するに、ポーカーのダブルアップチャンスのような形で資産運用をしていくわけです。
この方法の最大のメリットはやはり通常の資産運用のように長い時間運用をしていく必要がないこと、そして切り上げが非常に楽であることでしょう。
特にこれまで人気だったFXでは損失を出さないために価格変動を待つことが基本となっており、投資を完全に止めることも損失が出ている状態では引き下がることが出来ないことが多くありました。
バイナリーオプションは規定された時間内で一単位の取引が終わるわけですから、自宅でも気軽に、よりスピーディーに結果を知ることが出来る投資として市場で受け入れられているのです。

 

 

バイナリーオプションで海外業者を選ぶメリットとデメリット

 

バイナリーオプション 国内に対応した業者も多くいますが、資金規模がある程度大きくなってきたのであれば海外業者に移るべきだというようなことも言われます。
海外の業者を取引をするということに関して不安を抱く人は多いものですが、ここでバイナリーオプションで海外業者を利用することのメリットとデメリットを整理しておきましょう。
まずメリットについてですが、まず挙げられるのは「最大投資金額が大きい」ということが挙げられます。
どのような資産運用においてもそうですが、バイナリーオプションは投資する金額が大きければ大きいほどハイリスク・ハイリターンの構図が出来てきます。
もちろん予想が外れた時には賭けた金額の全てを失うことになりますが、資金規模が大きくなってダメージをある程度受け入れられるようになったのであればハイリスク・ハイリターンの海外業者を選ぶことも選択肢になります。
また入金ボーナスがあることもメリットでしょう。
これは口座に入金をすることでその入金した金額に応じたボーナスを得られるというもので、入金額の1割以上のボーナスを得られることが多くなっています。
そのため長期運用をしていくため、計算して口座入金をすることでより多くの原資を得られるということになります。
これらの反面デメリットとなるのが、やはりサポートなどに関しては現地の言語が用いられるということでしょう。
ある程度の規模の業者であれば英語によるサポートを行っていますが、英語が全く分からないということになると必要なサポートが得られないこともあり得ます。
加えて業者の所在地もチェックする必要があり、特にケイマン諸島やバージン諸島のような場所に本拠を構えている業者は注意が必要です。
これらの地域は租税回避地として課税が減免される地域となっている反面、本社を置くには本来適していない場所です。
それであるにも関わらず本社をそこにおくということは何かの裏があるとして見るべきであり、悪質業者のリスクが高くなります。
バイナリーオプションで海外業者を利用する際にはこうしたことをしっかりチェックするようにしましょう。

 

 

バイナリーオプションで手軽に投資をする

 

インターネットが昔に比べて一般家庭に普及したこともあり、ネットを使って投資活動を行う人が増えてきました。
ネット証券に口座を作って株式投資やFX投資を行ってお金を稼いでいる人が多くなったこともあり、それらから派生した様々なサービスが提供されるようになりました。
バイナリーオプションもそういった派生商品のひとつであり、気軽に取引を行うことができることが特徴です。
このバイナリーオプションは一定時間後の為替相場などが上がっているか下がっているかを予測して投資を行うというシンプルなものであり、複雑な予測などを必要としない点が素人にもわかりやすくなっていることが特徴です。
投資の指標として為替相場を使っているものが多いバイナリーオプションは、相場の値動きに慣れているFX経験がある人にもとっかりやすいでしょう。
また、投資金額も少額なものが多く、損失も投資した金額に限定されることになるので、大きな損失を被ってしまうリスクも少なくなっています。
証拠金を使って、レバレッジを効かせて取引を行うFXや株式信用取引と比べると、リターンの幅は少ないですが、気軽にゲーム感覚で取り組むことが出来る点も特徴です。
また、最近では多くの人がスマートフォンを利用してゲームをしたり、情報を集めたりしていますが、バイナリーオプション取引も証券会社のアプリを活用して行うことができるので、外出先のちょっとした空き時間を活用して投資活動をすることが出来ます。
電車の中などで投資を行うことも可能です。
最近は様々な証券会社が色々な内容のバイナリーオプションを提供しているので、自分にあっている内容のバイナリーオプションを見つけることもできるでしょう。
投資金額が少額なので、初めてそういった投資を行うという人にとっても扱いやすい商品です。
口座開設は無料で行うことができ、口座の維持管理手数料などもかからないものが多いので、気軽にはじめることができます。

こんにちは、私は現在仕事をしていません。その換わりですが、在宅で仕事をしています。その仕事の内容はというと、 はっきりいって堕落ワークです。自分を正すためにも、今日やったことを書いてみます。

 

まず、今日起きたのは12時10分すぎでした。昨日の夜遅くまでFXの本を読んでいたのが原因なのかもしれません。8時50分に目覚ましをかけたのに完全に無視という状況でした。

 

仕事に取りかかったのは12時30分ごろでした。スマホをいじりだして、ポイントサイトを2つほどやりました。1つのサイトで目標5円なので合計10円になりました。ゲームとか必至にやったのに少ないなと思いした。

 

次にやったのはアンケートサイト、ここでは出されたアンケートは無視せずすべて答えました。結果はたったの10円でした。

 

ポイントサイトとアンケートサイトで合計20円でした。ちょっとヤバイと感じたのでポイントサイトに戻り10円分のアプリをダウンロードしました。全部合わせたら、時給30円という結果になりまて、ため息がでました。

 

次にやったのはライティングのタスクです。こちらは自分の書けそうなものを無理なく書く感じです。私がよく書くのがFXなんです。でも、1日で書けるのは、頑張って1000円ぐらいです。ちょっと限界を感じてきてますので別の仕事も考えるようになりました。

 

しかしながら、全く知らない分野の仕事はできないので、ライティングでも書いているFXを実際にやってみようと思います。

 

実は私は一人暮らしで家賃も自分で払っています。よって毎月少なくとも10万ぐらいはほしいです。となると、あと7万ぐらいはFXで稼げば良いのです。このハードルなら、私でも越えられそうだと思えてきました。

 

しかし、月に7万ってどんなハードルなんだろうか?さっぱりわかりません。よってみんながどれぐらい儲かっているのかブログで確かめてみたいと思います。何事もタイムリーな情報が大事だと思っておりますから。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:14:13

こんにちは、私は今に現在フリーターをやっていて、FXばかりを研究しついるものです。

 

今日はFXの怖さについて書いて見たいと思います。FXのリスク中でもっとも怖いのは、レバレッジを無理にかけている状態での為替の変動だと思います。

 

通常は自分の思っていた通りの方向へ為替が動いてくれたら良いのですが、全くの突発的な事案で反対にいってしまった場合、一体どうすれば良いのでしょうか?

 

多分、そうなった時はすでに遅くて証拠金はもう底をついているでしょう。いやもっと悪い状態であるかもしれません。

 

そうならない為にはどうしたら良いか書いて見たいと思います。

 

今現在レバレッジは1倍から25倍ですが、25倍なんて数字は無いも同然だと思ったほうが良いです。何故なら元金の25倍ものレバレッジをかけた場合は損失が出るリスクは25倍になり、とても負け安いです。

 

負け安いとはどうゆうことか、それは心理の面で負けやすくなるのです。人間という生き物は恐怖というものを持っています。よって含み損が膨らむと、もうだめだと思って投げてしまうのです。ですからレバレッジは良くても2、3倍にしておきます。

 

レバレッジを2倍にして、リーマンショック後のような外貨が安くなってから落ち着いて、購入するのです。購入したら、売らずに一生持つつもりでじっと待ちます。

 

では、どんな外貨が良いかと言うと、金利の良いニュージーランドドルやオーストラリアドルがよいでしょう。

 

なぜなら金利が良いからです。FXには通貨によってはスワップ金利と言うものがついてくるのです。

 

これを毎日貰っているだけでも、良いお小遣いになります。そう考えてると、場合によっては貯金を全部外貨にしても良いかもしれません。

 

しかし、そのような場合はFX業者選びに注意しなくてはなりません。FX業者は財務が堅実で、大手の会社が良いですが、最近私が目を付けているのは楽天FXです。何故なら楽天のネットワークはもはや巨大だからです。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:14:13

こんにちは、私は現在フリーターをやっていて同時にFX研究にはまっております。

 

FXって何かと言いますと、外語為替証拠金取引といって、外語のお金を買ったり売ったりして、利益を出していきます。ようするにお金をお金で売買するマネーゲームをするわけです。

 

そんなのギャンブルじゃないかと言われますが、確かにギャンブル的な側面が強いように思われます。

 

しかし、これをギャンブルで終わらせるのはもったいないと思っておりますので、今日は最近の研究結果を書いて見たいと思います。

 

まずFXで勝つには為替レートが動かなければ話になりません。まあ、いつも動いているのですが、儲ける為には自分の思った方向へなるべく大きく動く時が肝心です。では大きく動く時っていつなのでしょうか?

 

ここで、最近為替レートが大きく動いた事例を発表します。

 

まずは海外の要人発言です。数ヵ月前、アメリカの女性の要人がアメリカ金利を上げていく発言をしました。この時、金利が良くなっていくであろうと予想した人たちはアメリカ通貨をたくさん買いました。

 

そして、日本とアメリカの金利差が広がる可能性があるため日本円は売られました。ここで、米ドル高方向へ仕掛けるのが正解でした。

 

次は日本の黒田総裁の発言です。日本が一方的に円安になっていくことはあり得ないとの発言で円が買われました。ここで、円高の方向へ仕掛けるのが正解でした。

 

最後はギリシャ不安と中国株安不安同時発生です。この時はなぜか運が良いタブルパンチだったので、為替はリスク回避のためか、あっという間に円高になりました。よって、ここでは円高の方向へ仕掛けるのが正解でした。

 

最近のこの3つの出来事の時だけ取引すれば、かなり儲かっていたと言えます。

 

しかし、これらは確信犯的な取引です。よってFXを正しくすればギャンブルではなくなります。

 

言い換えると、これはお金を使った賢い知恵だと思います。もし働いていて、このような大局面だけ取引している人がいたら、その人はもうお金持ちになっているかもしれません。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:14:13